Skip to content

スマホ修理(バッテリー)

私がスマホで修理したこと、それは皆様の悩まれるであろうバッテリーの低下である。バッテリーは年々使っていると徐々に機能が低下していく。例えば私のiPhone6sの場合ひどい時には1日スマホを触らなくても充電が20パーセントを切るなど悲しい状況であった。これではさすがに日常生活に支障をきたすと考え、私はスマホを買い換えるか修理するかの二択を迫られることになった。スマホはもう2年使用していたので買い換えることも間違いではない。その時ここでもまた正規のAppleで修理を出すか個人で経営してるところに修理を出すかの選択を迫られることになった。私の場合学生でありお金もなかったので個人経営のお店を選択した。結果としてはこれが成功した。バッテリー修理で3000円ほどで15分ぐらいで修理をしてもらうことに成功した。この3000円というのは正規の店などに比べると格安であった。 唯一のデメリットは今後スマホの修理を正規の店に出すことができないと言うことだけだ。それを考えに入れても個人経営のお店に修理を出すと言う選択を選んだことは間違いではなかった。今も新しいバッテリーはきちんと稼働してくれている。良かったです。再度文字を打とうとすると、キーボードがまた出てくるのですが、いざ文字を打とうとすると、またすぐにキーボードが消えてしまいました。特にインスタグラムは入力が難しく、打っては消え、最初から打ち直すの繰り返し。それだったら最初に違うアプリの中で、投稿したい事を入力して、それをコピーしてからインスタグラムに貼り付けて投稿していました。しかし、段々と頻度も増え、Googleの検索画面でさえもすぐに消えたり、Skypeなどのテレビ電話をしていると、すぐに本体が熱くなって、通話に支障をきたしました。修理に行くのも面倒だったので、それでも使い続けていましたが、更に症状が悪化し、充電満タンにしたのに、すぐに0パーセントになって画面が消え、再起動しても「充電してください。」との表示が出てきて、そのうち起動しているのにスクリーンが真っ暗になりました。さすがに、修理に行きましたが手遅れで、スクリーンが真っ暗なので、携帯に保存していた写真も移動できず、修理不可能だったので、新しいスマホに買い換えました。故障や異変に気づいたら、早めに対応すればよかったです。みなさんは早めの対応をおすすめします。

|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|クリニック集客ノウハウ|

Comments are closed.